日本はいつからものづくり大国になった?

日本は「ものづくり大国」と言われています。世界各地、どこをみても、日本の技術にかなう国はないと言われています。それだけ、日本人の技術の高さ、几帳面さ、仕事に対する熱意というものが、世界中に知られているほどです。

「ものづくり大国」と言われるようになったのは、ものを作ることを考え始めた縄文時代からだといわれています。実際に、「ものづくり大国」と広く広まるようになったのは、明治時代からでしょう。生産率世界ナンバーワンとも言われている、ものづくりに対する技術の高さや、繊細さは世界と比べても素晴らしいといえるでしょう。

海外から技術が伝わり、それをまねて昔から作るようになった、頭で考えてまねて作るという行動は、他の国ではまねができないと言われています。国民性であったり、職人気質の人が多く、地道な作業をコツコツと重ねていくことができるからこそ、ものづくりが盛んに行われたのでしょう。

世界的にみても、仕事への熱心さ、技術力の高さでは、ナンバーワンともいえます。