ものづくり大国の関連情報

ものづくり大国として世界からみても経済大国だった日本の地位は、現在中国の勢いに押されています。

その中国のものづくりはどうかと言えば、それほど特筆すべき点はないものです。もちろん中国のビジネス形態は、世界から見るとあまり評価はされていないものです。これまでの伝統が深く根付いていることにより、海外企業が参入するには高い敷居があるのです。とは言っても、日本のものづくり大国としてのやり方がどこまで通用するのかに対しては、多くの情報を与えてくれます。

例えば、生産性を高める機械を構成する精密な部品を生み出す町工場の存在が、ものづくり大国として支えているものです。もっとも現状としては、その後継に関しての課題はあります。けれども経済大国として成長している国は、ものですから脱却しています。世界のビジネスエリートをいかに取り込むのかという点において注力しているのです。

例えば世界的にビジネスがしやすい国としてトップにあるシンガポールや香港は、多くの外国人を受け入れています。そしてホワイトカラーが働きやすい環境と、その育成する教育環境が整っています。

対して日本のトップである大学が、世界のエリートからは魅力あるものとされていないのもある種の情報を与えてくれます。日本での教育のあり方は、世界的に見ても遅れているというわけです。もちろん、そこで行われている授業や研究は世界の人達からみると、非常に重要なものですし、必要とされているものです。