機械の生産量と経済

機械の生産量はこれまで経済の成長と大きな関連性を持っていたものです。けれども現在、世界で経済成長が高い国では、機械の生産はあまり行われてはいないものです。

金融産業やIT産業に傾斜して、生産性に関しての技術は後進国に移っています。ものづくり大国である日本が世界における経済力を弱めているのは、ものづくりを基盤としていることから脱却できないことが理由のひとつとされます。

もちろん、ものづくり大国としての評価は変わらず高いものですし、その技術力も高く評価されています。そして製造される機械の品質も耐久性も非常に高いことから、例えば建設機械の中古品などは、建設ラッシュとなる国に多く輸出されています。

また、ものづくり大国である日本を支えているのは、数多くの町工場となります。その技術はかなり高いものとなりますが、経済への寄与度は低くなっています。

世界では新たな価値観を生み出されることに注力されています。ITによるサービスや金融工学への人材投入などがそれに相当します。

ビジネス先進国であるシンガポールや香港などは、世界のエリートを多く集めています。また留学生も多く集まりますが、そのような国では機械の生産量は非常に少ないものです。製造に関しては後進国へ任せる傾向となっていますし、また品質はそこそこに安価に購入できるものが求められています。

そのような中で、ものづくり大国としての技術を誇る日本がどのような舵取りをするのかが今後の課題となります。

日本の工作機械産業の歩み

日本がものづくり大国と呼ばれるまでには、工作機械とその加工技術の発展がなければありえませんでした。工作機械産業の歩みをみてみましょう。日本では1950年代にアメリカで開発された数値制御技術を導入、その応用の開発を進めます。1970年代には日本製の工作機械の性能は世界でも評...  詳細はこちら ⇒

技術継承がヘタな日本

日本人は一般的に、手先が器用で技術に優れていると言われます。それは海外の国からみて特に顕著で、非常に優れた研究者や技術者がこの国には存在しています。そしてその勤勉さも加わって、「ものづくり大国」とも称されることもあります。ただこのものづくり大国の優れた技術者には、ある...  詳細はこちら ⇒